グルコサミンの通販

N-アセチルグルコサミン&コンドロイチンサプリメントの人気通販ランキング
N-アセチルグルコサミン&コンドロイチン
N-アセチルグルコサミン&コンドロイチンは関節痛対策サプリメントのイチオシの品質。N-アセチルグルコサミンとコンドロイチン量がいずれも医療レベルの配合量を満たしているのはこのサプリだけ!天然の痛み止め成分MSMも配合されてるから、痛みを取る効果は気休めではありません。
ユー・エム・アイ N-アセチルグルコサミン
通常に比べて約3倍もの吸収率を誇るというN-アセチルグルコサミンに特化したユー・エム・アイのN-アセチルグルコサミン。膝痛対策サプリとしては異例の一回一粒、それも噛んで食べるというタイプで、お薬感がないのも人気のポイント。摂取量は一粒で十分だから、美味しくても食べ過ぎませんように。
美健知箋 活グルコサミン&コンドロイチン
美健和箋の活グルコサミン&コンドロイチンは、定番の軟骨成分ににハーブや生薬の力を加えた日本人にぴったりのサプリメント。軟骨成分にはもちろんこだわりのN-アセチルグルコサミンを使用し美建和箋ならではの生薬配合で痛みを取る!西洋と東洋の医学の良いとこどりで一回4錠は魅力的です。

アルギニンの効果はすごい

なんだか札幌はまた冬に逆戻りしてしまった感じがします。せっかく、雪もとけて少しずつ暖かくなってきたかなと思っていたのに。また寒さがぶり返したせいで、先週の身体の疲れがまだ取れません。それプラス、雪かきのせいでの筋肉痛ですから、もう今日金曜日でしょって言いたいくらい身体が疲れています。

こういう時は、栄養ドリンクという手があるそうなのですが、イマイチ踏み切れず私はまだそれに手を出したことは無いんですね。そもそも栄養ドリンクって高いし、何が違うのか分からないし。でも、友人の話だと、アルギニン配合のものが良いそうです。なんでも、疲労回復効果は勿論、免疫力も高めてくれるみたいなんです。疲労が溜まっておそらく免疫力も落ちていると思うので、その効果はありがたいです。また、毎日摂取することで成長ホルモンの分泌を促進したり、血液の循環を良くしてくれたりもするそうです。アルギニンの効果ってすごいですね。とりあえず、私も帰りにそのアルギニンとやらの栄養ドリンクを買ってみようと思います。

アルギニンが豊富なマカ

グルコサミンは塩酸塩グルコサミンよりもN-アセチルグルコサミンの方が吸収しやすい

膝の関節痛対策にグルコサミンを使用している方は大勢いらっしゃると思いますが、グルコサミンの細かな違いまで気にして使っている方はそれほど多くないのかなと思います。

実は精製法の違いなどからグルコサミンは名前が変わり、種類がちょっとだけ変わることがあって(塩酸塩とか硫酸塩とか)、その違いって結構大きいんです。

とはいえ、グルコサミンを使う人はN-アセチルグルコサミンだけ覚えておけばオーケー!

従来のグルコサミンと言えば塩酸塩グルコサミンが多かったのですが、昨今ではその塩酸塩グルコサミンの3倍の吸収率を誇るN-アセチルグルコサミンを使用するサプリが主流になりつつあります。

化学的なことは分からない、という方もN-アセチルグルコサミンの名前だけ憶えておいてください。漢字が書いてあったら、ああ昔の(従来の)なんだなって区別できますからね。

グルコサミンにも副作用はあるみたい

関節の違和感や痛みを改善、緩和するのに効果があるとして、近年、グルコサミンを摂ってる人が特に年齢の上の人達に増えてきてます。色んなメーカーからサプリメントなども出てますし、ガンガンCMや宣伝をやってますから、なんとなくで飲み始める人も多いみたいです。

ただ、このグルコサミンにも1日の摂取目安量があって、それを大幅に上回って摂取すると、効果が強くなるのではなく、副作用的なものが起きてしまうそうですから、飲み過ぎには注意です。1日の摂取目安量は1,000~1,500ミリグラムで、メーカーの違いは若干ありますけど、どのメーカーから販売されてるものも大体6錠くらいで大丈夫です。

効果の強さを求めて多く飲んでも良いことはありませんので、目安の量はきちんと守らないと駄目です。摂取しすぎると胸やけや胃痛、便秘や下痢など、胃腸関係に不具合が出てくるみたいです。みんながみんなという訳ではないようですが、目安量を守るに越したことはなさそうです。

あと、カニやエビなどの甲殻類からグルコサミンを作っているのがほとんどなので、これらにアレルギーのある人は、まかり間違っても飲まないように気を付けないといけません。グルコサミンを摂りたい気持ちはわかりますけど、アレルギーを甘くみてはいけませんから。

それと注意が必要なのは、糖尿病を患ってる人。グルコサミンの摂取によって、糖尿病が悪化する場合があるそうです。基本的には安心で安全とされてるグルコサミンですが、糖尿病のある人は、一度、お医者さんに相談してからの方が良さそうです。

グルコサミンには軟骨再生効果はない

関節痛の緩和や改善に効果があるとして人気のグルコサミンですが、軟骨の再生はもちろんのこと、関節痛の緩和や改善にも科学的根拠はないんだそうです。これはちょっとビックリな話ですよね。

テレビなどを見ているとお年寄りの多くがグルコサミンやコンドロイチンなどのサプリメントを膝や腰などの関節の痛みをやわらげるために飲んでいるといわれてますけど、その実は、科学的な根拠がないなんて。

1,600人弱の人を対象にした研究があって、その1,600人弱の人達をグルコサミン単体、コンドロイチン単体、グルコサミンとコンドロイチンの両方、そして偽薬単体という4群に分けて半年間服用して痛みの具合を聞き取るという実験を行った方がいるようです。

その結果は、それぞれにはっきりとした差がなかったということなんですよね。ということはこれはもう病は気からってヤツで、気の持ちようってヤツってことですかね。この実験の記事を読んでいたら、似たようなものでザクロが挙げられるかなって思いました。

女性にとっては美容だとか生理の痛みなどの症状の緩和にいいって言われてますけど、このザクロにも科学的根拠はないという話があったな~と。でも、このグルコサミンに関して言えば、ここまで各メーカーさんがグルコサミンのサプリメントを推す理由は、それならどこにあるのかな?って疑問に思ってしまいますよね。

ただ、今現在グルコサミンのサプリメントを飲んでいる人に、それは効果なしだからやめた方がいいって言う必要はないとは思います。何ごとも気の持ちようっていいますから、それで気持ち的に、実際、関節が楽になっているのなら、別段、科学的根拠など必要もないものになりますしね。